未分類

ゲーミングPC購入におすすめのBTOメーカーランキング。トップ5。どの会社が買うのが賢い?

ランキング1位はドスパラ。その理由はセーフティサービスという圧倒的サポートと、価格と性能のバランス、コスパの良さ。

ゲーミングPCを購入するときはBTOパソコンを利用しましょう。

BTOで有名なサービスと言えばドスパラです。

ドスパラは1992年に創業した老舗のパソコンショップで安心感があります。

上級者だけでなく初心者向けの商品も非常に多く、幅広い方が利用できます。

販売されているゲーミングPCパソコンはガレリアと呼ばれる商品があります。

デスクトップ型のパソコンは置く場所がないというときに活躍してくれるノート型のゲーミングPCです。

ガレリアシリーズは搭載されているグラフィックボードにより種類が分類されています。高性能なものほど値段が高く快適に動作します。

ドスパラでゲーミングPCDを買うときに、カスタマイズはどこまでできるか気になるところです。

OSは64ビットのものを選択可能です。オフィスソフトの有無も変更できます。CPUに関してはすでに決まっているので変更できません。

メモリの変更は可能でSSDやHDDの追加も行えます。

商品によってはパーティション分割にも対応可能です。

デスクトップ型のゲーミングPCなら、CPUグリスの変更や電源ユニットの変更はできます。

基本構成の殆どは決まっているので自分で選択できるのはメモリやハードディスクくらいです。

ドスパラのメリットはセーフティサービスにあります。

これはトラブルが発生したときに無料で修理をしてくれるサービスです。

落下したときに壊れた場合やコーヒーをこぼしてしまったときに対応します。

パソコンはパーツが高額になるほど修理代金は増します。

セーフティサービスをつけておけばトラブルに対応できるので安心です。

バランスとコストパフォーマンスが良いのがドスパラのメリットです。

反面デメリットもあります。初期不良に対するサポートが他社より若干劣ります。

またノートパソコンはバリエーションが大手と比較したときに少ないです。

「デスクトップ型のゲーミングPCをできるだけ安く買いたい」こんな人におすすめのお店です。

ランキング2位、パソコン工房、一世代前のパーツを使ってることが多い、、、だがしかし、だからこそ安い、徹底的な安さを求めるならここ

株式会社ユニットコムが行っているサービスがパソコン工房です。

ここは多くのBTOパソコンを扱っています。

ゲーミングPCの種類も豊富で価格帯も幅広いのがメリットです。

予算に合ったゲーミングPCを購入したいときに活用できるお店でしょう。

定期的にセールなども行っています。

一般的にBTOパソコンは注文をしてから作るのでセールをするお店は少ないです。

パソコン工房では3000円割引や、CPUのアップグレードサービスなどを行っています。

同じ金額でグレードの高いゲーミングPCを購入する事ができるのでお得です。

利用をするときに気になるのがカスタマイズはどこまでできるのかという部分です。

これはいくつかある基本構成から選択をして構成をカスタマイズします。

選べるパーツですがCPU冷却グリスやCPUクーラーがあります。

他にもメインメモリの変更からHDDやSSDの増設まで選べる仕様です。

ハードディスクに関しては複数のものをマウントすることができます。

大容量のゲーミングPCを購入したいときにパソコン工房は便利です。

同じ価格帯のゲーミングPCを販売しているお店と比較すると若干いじることができる部分が多いです。

デメリットですがパソコン工房では一世代前のパーツを使って販売しているものがたくさんあります。

最新のパーツを使用して作っているものもありますが、そのようなゲーミングPCは高いです。

一世代前のパーツを使っているからこそ安価な金額で購入できるのが強みです。

ゲーミングPCといえば通常のパソコンよりもかなり高い金額で売られています。

本体の金額も結構するので、コスト面を気にする人にはうってつけです。

「ゲーミングPCがほしいけれど高いのは嫌だ」こんな人におすすめのメーカーです。

使わなくなってしまったパソコンがあるのならパソコン工房に依頼をしましょう。

ゲーミングPCを買うときにパソコン下取りをするとゲーミングPCを割引をしてくれます。

ランキング3位、サイコム。パーツのカスタマイズ種類が、他のメーカーの2倍から5倍はあたりまえ?お気に入りのパーツでカスタマイズしたい人向け、ただ価格が高い

こだわりを持っている方に最もおすすめできるのがサイコムです。

サイコムはBTOパソコンを中心に販売しているショップです。

高性能かつ品質の高いゲーミングPCを購入したいのなら最適なサービスでしょう。

1995年5月に設立された会社でPCパーツの販売をメインにしています。

主に上級者向けのショップで質の良い商品だけをピックアップしているのが強みです。

本体は内部構成にも注目をしてBTOパソコンを作っています。

きれいに配置された配線やパーツにはこだわりを感じるでしょう。

サイコムでカスタマイズはどこまでできるのかというと、非常に多くのパーツを選択できます。

例えば電源ユニットだけでなくSSDの種類も非常に多いです。

ビデオカードの選択もする事ができるのでカスタマイズ性は他社よりも高いのがメリットです。

一般的にBTOパソコンはOSが決まっています。

サイコムではOSなしも選択をすることができます。

全くOSは必要ないという方にも最適なサービスです。

完全オリジナルの冷却システムデュアル水冷を採用したパソコンがあります。

これはメンテナンスがフリーで性能と静音性のバランスを保っています。

ゲーミングPCはマシンスペックを必要とするゲーム動作において力を発揮してくれるパソコンです。

ただスペックが高い分熱も内部にこもってしまうのがネックです。
サイコムの開発したデュアル水冷があれば最善の状態を保ちつつゲームを楽しめるでしょう。

基本的に高性能なパーツを使ったパソコンを扱っているので、サイコミのゲーミングPCはどれも高いです。

同業者と比較したときにミドルスペッククラスだと数万円くらいの価格差があります。

ローエンドからミドルクラスまでは価格が高いデメリットがありますが、ハイエンドクラスだとほとんど価格差はありません。

「とにかくお金は惜しまないので品質の高いゲーミングPCがほしい」こんな人におすすめできるパソコンショップです。

マウスコンピューター4位、一番やすいかもしれないBTOメーカー。テレビCMでもやってる、だがどこの電源を使ってるか不明。

日本製のBTOパソコンがほしいときにおすすめできるのがマウスコンピューターの商品です。

マウスコンピューターはパソコンメーカーの中でも特に知名度が高いです。

テレビコマーシャルも行っているので全国規模で知名度があります。

基本的にマウスコンピューターの商品はかなり安価です。

他のBTOショップと比較したときに性能面と商品の質が釣り合っています。

どうして質の良いものを安く売る事ができるのかというと、運営会社がiiyamaやパソコン工房と同じMCJグループの子会社だからです。

パーツを仕入れたり開発や製造までワンストップで行っているので、余計なマージンが発生していません。

グループで大量に商品を仕入れることができるので、単価を抑えることができます。

たくさんの部品を仕入れてもグループで扱うため在庫リスクも発生しません。

理想的な会社更生になっているので安くゲーミングPCを提供できるのがメリット強みです。

カスタマイズはどこまでできるのかというと、サポートの有無やOSの選択からモニターの有無を設定できます。

CPUも選ぶことができるうえにCPUグリスの選択も可能です。

メモリも64ギガまで選択可能で電源ユニットも複数のものをからチョイスできるのが強みです。

光学ドライブやSSDからHDDの増設とカスタマイズ性に優れています。

データ復旧サービスも選ぶ事ができるので初心者の方にもおすすめできます。

デメリットとしてマウスコンピューターは使っている電源がどこのメーカーのものかわかりません。

パーツ単体にこだわりを持っている方はちょっと使いづらいです。

総合的に見てみるとマウスコンピューターはサポート体制も整っていてパソコンも安価です。

ゲーミングPCを購入するときの選択肢に入れてもよいでしょう。

「大手が販売しているパソコンは安心できる」こんな人におすすめのゲーミングPCです。

質だけでなくサポートなどバランスの取れたメーカーが好きな人に最適なメーカーです。

ランキング5位、DELL。奇抜なデザインとゲーミングノートに力を入れている。このデザインをカッコいいとお思うか、ダサいと思うかはあなた次第。カスタマイズはほぼできない

DELLはBTOパソコンメーカーではなく大衆向けのパソコンメーカーです。

アメリカ合衆国に本拠地を置き全世界規模で展開を行っています。

大衆向けに作っているパソコンはかなり安いのですが、BTOに関しては多少高めの価格設定です。

DELLだけでなく海外メーカーのBTOは基本的に国内のものと比較すると高めです。

またカスタマイズ性はあるのですが国内メーカーと比較したときにいじれる部分が少ないといったデメリットもあります。

基本的にDELLの良いところはデザイン面です。

奇抜なデザインや個性的なものからおしゃれなものまで多数用意されています。

日本国内のBTOパソコンメーカーでは実現できないようなデザインの商品が多いです。

例えばALIENWAREと呼ばれるシリーズは特に個性が際立ちます。

エイリアンのロゴが本体に付属するモデルでモニタのデザインも通常の長方形とは違います。

デスクトップ型のデザインは近未来型のものが多く国内ではあまり見かけません。

カスタマイズはどこまでできるのか というとプロセッサーの選択からOSの選択などができます。

他にもハードドライブやビデオカードの設定も可能です。

シャシーオプションとしてGPU対応の電源ユニットも変更できる仕様です。

基本的に設定できる項目は国産BTOパソコンよりもかなり少ないです。

ちなみにカスタマイズしてしまうと納期がかなり遅くなってしまう場合があるので注意しておきましょう。

サポート体制は大手だけに充実しているのがメリットです。

他のメーカーでは長くても3年保証までですがDELLでは最長5年保証に対応をしています。

専門スタッフが自宅まで行き修理をしてくれるサービス付きなので安心です。

国内メーカーと比べて高いですが、本体のデザインが良いので気に入ったなら買いです。

「他では見かけない個性的なデザインのゲーミングPCを購入したい」こんな人におすすめできるサービスでしょう。